カテゴリ: 城用語集

城の用語集をご紹介します。

隅櫓

隅櫓(すみやぐら)とは、城の郭(くるわ)の要所に設けられた櫓のこと。戦闘指揮所、物見、倉庫、籠城の場合は住居にも使用された。

角掛矢倉

角掛矢倉(すみかけやぐら)とは、郭(くるわ)の角に場内へ張り出した形に設置した矢倉のこと。この場合櫓台の場内側は掛造といって、柱で支えた雨露をしのげる空間になっていた。角掛之櫓も同じ意。

隅掛升形

隅掛升形(すみかけますがた)とは、郭(くるわ)の角に場内へ張り出した形に設置した升形のこと。

隅馬出

隅馬出(すみうまだし)とは、城の外郭の隅に作られた馬出のこと。

簾戸

簾戸(すど)とは、竹を編んで四角い枠をつけた扉のこと。上部を門柱に結びつけて突き上げて開閉した。揚城戸の扉。

捨堀

捨堀(すてぼり)とは、一見無意味なように掘られた堀だが、敵の行動を阻止するように造られた堀のこと。

捨土居

捨土居(すてどい)とは、城からやや離れたところに構築された土塁で、一見守城に不用のようだが敵の近接したとき出丸のように利用する計画で造られたもの。

捨城

捨城(すてじろ)とは、城主が退去して空になった城のこと。 中国の戦術に空城の計(くうじょうのけい)というのがあり、城を捨てたとみせて敵を城に誘い挟撃する策があった。

捨曲輪

捨曲輪(すてぐるわ)とは、守城のとき、わざと放棄して敵を入れ、攻撃、射撃するための曲輪のこと。または土塁、堀などの防御物を設けず、敵を入れて討つための空郭。 【曲輪】

捨石

捨石(すていし)とは、敵の行動を妨げるために城外の空地などに撒く石のこと。川城や海城では水の浸蝕を妨げるためにも撒いた。あるいは、築城工事の基礎に使用する外から見えない石もいう。 【海城】

涼櫓

涼櫓(すずみやぐら)とは、暑い時に涼をとるために設けた櫓のこと。月見櫓などと同じく遊興目的の櫓。

筋違橋

筋違橋(すじちがえばし)とは、斜めに掛けられた橋のこと。斜橋。あるいは直進をさけるため曲折をつけた橋のこと。

透門

透門(すかしもん)とは、扉が格子状になっていて外から内が見える門のこと。城内から迫ってくる敵に射撃をすることができた。“すきもん”とも読む。

透構

透構(すかしがまえ)とは、城の外から城内が見えるような構えのことをいう。⇔【黒構(くろがまえ)】

水門

水門(すいもん)とは、近世城郭では堀の境などに水の出入を調整する為の水門を設けたが、古代の西域城塞や神護石などでは山の谷川がそっくり城内に取り込まれていたため、その水を城外へ流すための開口部としての水門が造れらた。 【神護石】

水道

水道(すいどう)とは、城に水を通す路のこと。清い水を通す上水道と、汚れた水を捨てる下水道があった。用水、城用水。

水城

水城(すいじょう)とは、河川 ★日立オートパーツ&サービス★イグニッションコイルU12C04-COIL ミツビシ トッポBJワイド H48A 4A31 1100 4WD 98.11~01.05、湖沼、海などの水利を防御の主体にした城のこと。城の拠る場所によって海城、湖城、沼城、川城などという。みずしろ。 【海城】

水濠

水濠(すいごう)とは、敵の攻撃を阻止するため土を掘り水を引き入れた堀のこと。水堀。湟。 【湟】

陣屋

陣屋(じんや)とは、二つの意味がある。 一つ目は MONROE マジックキャンバー(Magic Camber) TOYOTA CAROLLA SPACIO カローラスパシオ FF AE111N 97/1~01/5 MC フロント 【MC115】、戦闘にあたっての臨時の戦闘本拠地のこと。木柵、逆茂木、土塁、堀などで防備する。ごく短期の場合は陣を幕のみで囲った程度のもの。 二つ目は、近世大名の居城の中で、居城というほどの防備をもたない屋敷城をいう。陣屋とはいううものの小城よりはりっぱな城もあった。城持ち大名に対して、無城大名は陣屋を持っていた。近世大名の無城大名の居住城。 【 … 続きを読む

陣城

陣城(じんしろ)とは、防備構築物も含めた陣営のこと。戦陣における城。 【陣営】

陣営

陣営(じんえい)とは、野戦あるいは攻城にあたり一定の軍法によって軍を組み宿営させること。兵員の配置に一定の法則があり、人をもって城を形成する。陣城ともいうが、この場合は陣営にあたっての防御構築物も含めてそう呼ぶ。 【陣城】

城奉行

城奉行(しろぶぎょう)とは、惣奉行、

新品1本 235/35ZR20 (88Y) XL PIRELLI P ZERO 国産車 輸入車 235/35R20,[#tong##]

           商品情報 タイヤメーカー PIRELLI(ピレリ) タイヤパターン P ZERO タイヤサイズ 235/35R20           おすすめ車種 - -

、総奉行、城造りの総監督者のこと。奉行は各分野に分かれ、普請奉行、作事奉行 、石奉行、瓦奉行、金物奉行、水奉行、その他があった。

城囃子

城囃子(しろばやし)とは、城を包囲し、攻城が長引いたときなど、籠城している敵に悪口雑言を歌として聞かせる心理戦術のこと。

城の気

城の気(しろのき)とは、中世、軍配者が城にただよう雲気、煙気、霧気という色々なものによって、城の軍勢を占ったという。例えば城を攻めているとき、その城の上に立つ気が羽のような色をしているなら落城するというようなこと。

城取先後の習

城取先後の習(しろとりせんごのならい)とは、築城に急を要する場合とそうでない場合とで工事の順序、城の形態に工夫がいるということ。居城と戦陣の城の相違をもいう。 【居城】

城大中小三段

城大中小三段(しろだいちゅうしょうさんだん)とは、江戸時代の軍学者が大、中、小の城の平面の大きさを決めたもの。一例によれば大城は方二二町、郭(くるわ)は五重以上、中城は方一七町、郭は四重、小城はそれ以下で郭は三重としている。

城堅固の城

城堅固の城(しろけんごのしろ)とは、城の防御構造が堅固な城のこと。

城(しろ)とは、人によって住居、軍事、政治目的をもって選ばれた一区画の土地と、そこに設けられた防御的構築物をいう。

仕寄

仕寄(しより)とは、敵城を攻撃する方法、手段のこと。あるいは攻城兵の使用法。および功成兵器を用いて城に攻め寄せるよこと。「しよせ」とも。

植民政策型城塞

植民政策型城塞(しょくみんせいさくがたじょうさい)とは、植民政策のため築かれた城で、日本では大和朝が東北地方に造った北辺城柵がそれである。世界的には古代から例が多く、軍政、植民の基地としての機能を備えたもの。近世ヨーロッパ植民史上の南北アメリカ、東南アジアなどの城塞など例が多い。⇔植民地型城塞

城櫓

城櫓(じょうろう)とは、大和朝の北辺城柵に設けられた櫓の一つ。屋根がついていたのが特徴。同じ頃の柵櫓には屋根がなかった。一般用語では、城の櫓という。

城陽郭陰

城陽郭陰(じょうようかくいん)とは、本丸が高くそびえ、外郭が低くその周辺に連なっている城のこと。⇔【郭陽城陰(かくようじょういん)】

城門の地伏

城門の地伏(じょうもんのじふく)とは、扉の下にある門の横木のこと。地伏と地面との間を鑓(やり)、長刀が入るくらい明けておくと敵が門扉に迫ったとき払えるので良いとされた。

城門開様陰陽

城門開様陰陽(じょうもんあけよういんよう)とは、城門の扉が外へ開くのを陽、内へ開くのを陰という。

16インチデミオDY系 全グレードENKEI パフォーマンスライン PF01 スパークルシルバー 6.5Jx16プロクセス CF2 195/45R16城門

城門(じょうもん)とは、塁、柵、塀などの一部を通行のために開口した城戸(きど)、虎口(こぐち)などと呼ばれたものに門を設定したものをいう。形状により、揚城戸(あげきど)、冠木門、高麗門、棟門、楼門、唐門、櫓門などがある。居館には上土門も使われた。 【城戸】【虎口】【揚城戸】【冠木門】【高麗門】

城米

城米(じょうまい)とは、江戸幕府が直轄の重要城郭や譜代大名の城内米倉に非常食として貯蔵させておいた米のこと。

城棚櫓

城棚櫓(じょうほうろう)とは、内城にある棚櫓のこと。大和朝の北辺城柵に構築された。

城詰

城詰(じょうづめ)とは、居館、屋敷城で、本丸に相当する最も奥の郭(くるわ)のこと。

障子堀

障子堀(しょうじぼり)とは、空堀の底に凸凹とした畝(うね)を残し、敵兵の行動を阻害するもの。畝堀(うねぼり)とも。 【畝堀】

ZERO 新品1本 (88Y) 235/35R20 P 新品1本 国産車 PIRELLI 輸入車 235/35ZR20 XL 国産車

城隍

城隍(じょうこう)とは、城の空堀のこと。中国の用語である。「隍」とも。ちなみに水の張った堀は「湟」。 【隍】【湟】

HONDA VEZEL(RU1/2/3/4)用 トーヨー ウィンター トランパス TX 225/50R18 と MONZA Warwic Harvel 18インチとの4本セット【2017-2018カタログモデル スタッドレスタイヤ】【新品StudlessTire】【裾野】城下町

城下町(じょうかまち)とは、古代には宮城周辺の集落、あるいは都城内の町を指した。中世には山城の白山の麓の町をいい、近世では城を中心とした侍、工人、商人の町として政治、文化、経済の中心となった。 日本の近代都市の主要なものは城下町から近代都市になったものが多い。

城郭之形

城郭之形(じょうかくのかたち)とは、平面、立面その他で分類される。 城の実際の視覚的形状による分類で、その地勢的存在位置によって高地性城地、丘陵性城地、低地性城地、水辺性城地に分かれ、外見的視覚により構想型城郭、低層型城郭、遮蔽型城郭、隠顕型城郭などがあり、構築の外見様式によって、天然要害型城郭、土木構築型城郭、建築建造型城郭、混合型城郭に分類される。 城の平面形状によって分類する方法 … 続きを読む

城郭都市

城郭都市(じょうかくとし)とは、古代オリエント、小段ギリシア、中世ヨーロッパなどで神殿あるいは領主の居城を中心として街全体を城壁で囲み防備したものにはじまる。その全身は集落防備である。中世のヨーロッパの都市には城郭都市が多かった。日本では城壁はめぐらせなかったが、近世大名の城下町の惣溝、総講が、外国の城郭都市の城壁に比べられる。 【集落防備】

城郭

城郭(じょうかく)とは、もともと中国の用語で城壁の内側を城とし、外側を郭(くるわ)とする。したがって城とは内側のみを意味したので、正確には城郭というべきである。現在では城と省略する使用法があるが、城地 【送料無料】 205/45R17 17インチ CRIMSON クリムソン RS WP MAXI マルチピース 7J 7.00-17 FALKEN ファルケン ジークス ZE914F サマータイヤ ホイール4本セット、構築物を総称するときはやはり城郭と呼ぶべき。

順横矢

順横矢(じゅんよこや)とは、側防のため設けられた横郭の塁上で横矢をいる城兵の右から左の方へ進むのを射る横矢のこと。自分の前方の方から来る敵をねらって射ることができるので射やすい。⇔【逆横矢】

戌楼

戌楼(じゅろう)とは、やぐら(櫓、矢倉)に同じ。

修羅車

修羅車(しゅらぐるま)とは、石を運ぶための車軸の低い車のこと。

守備下知

守備下知(しゅびげち)とは、城内の配置、守備場所につく命令のこと。

樹竹草類植栽

樹竹草類植栽(じゅちくそうるいしょくさい)とは SPOON リジットカラー リジカラ リア用 8個入 エルグランド PNE52 4WD、防備、風致、薬用、食料、兵器の用材、建築用材、焚木などの用途のために、城の内外に食物を植えること。

守成堅固の地形

守成堅固の地形(しゅせいけんごのちけい)とは、攻めいるのに都合が悪く、守るのに有利な地形のこと。

守成堅固の城

守成堅固の城(しゅせいけんごのしろ)とは、城の攻撃に不利な縄張りで、防衛に有利な城のこと。守成の城とも。

守成堅固

守成堅固(しゅせいけんご)とは、城地が要害であること、または人工的に要害に仕上げたことをいう。守成堅固の城とか、守攻堅固の地形ともいう。守勢堅固ともいう。

宿城

宿城(しゅくじょう)とは、近世大名の平城で侍町と町屋の含まれた城下町をさすが、中世のものとしては根小屋のようなもの。

集落防備

集落防備(しゅうらくぼうび)とは、個々の住居の集合である集落全体を守るための防備のこと。人類が採集、狩猟生活から農耕定住生活に移り一定の土地に定着していった過程で発達していった。その大成されたものが城郭都市である。

重箱櫓

重箱櫓(じゅうばこやぐら)とは、二重櫓で上重と下重との広さが同じもの。

住居防御の城

住居防御の城(じゅうきょぼうぎょのしろ)とは、住居として定めた地区を守るために造られた防御物のこと。城の二つの発生形体に一つ。⇔戦闘防備の城

銃眼

銃眼(じゅうがん)とは、射撃用小窓のこと。鉄砲狭間と同じ。

鯱(しゃち)とは、城郭の棟飾りに置かれる意匠化された想像上の魚。火災除け、厄除け、建築装飾として用いられた。胴体は魚だが頭部は竜、獅子、鬼の形にもつくられた。実際にもシャチという鯨類の動物はいるが、鯱は古代の中国人が想像上でこれを意匠化したという。

鴟吻

鴟吻(しふん)とは、鴟(ふくろ)という鳥のクチバシのように出張った、屋根上の大棟上の両端にある飾り。

鴟尾

鴟尾(しび)とは、中国建築から来た屋根飾りで中国の想像上の魚で、鴟(ふくろ)という鳥の羽に似た尾をもっている。城では意匠化された建物棟上の鯱となった。唐時代の棟飾りとしての鴟尾はくつのような形に鳥の羽のような紋様をつけただけのものであった。

芝土居

芝土居(しばどい)とは、芝を重ねて土居(土塁)としたもの。あるいは土塁一面に芝を植えたもの。芝が根付くと土塁が強くなる。芝手ともいった。 【芝手】

芝手

芝手(しばて)とは、土居(どい)に柴を茂らしたもののこと。芝土居に同じ。 【芝土居】

柴垣

柴垣(しばがき)とは、柴を植えて生垣としたもののこと。

忍返

忍返(しのびがえし)とは、土塁、石塁、櫓(やぐら)の下部や塀の上部に槍先のように尖った鉄の棒などを植え込んだもので、城内に侵入しようとする者をを防いだ。忍びの者を返すとの語源。

鎬狭間

鎬狭間(しのぎさま)とは、三角形の狭間、三角狭間のこと。鉄砲を射つのに都合が良いとされた。

蔀屋敷

蔀屋敷(しとみやしき)とは、城外から城の内部を見透かされないように設けた屋敷のこと。

蔀櫓

蔀櫓(しとみやぐら)とは、城外から城の内部を見透かされないように設けた櫓のこと。

蔀橋

蔀橋(しとみばし)とは、城外から城の内部を見透かされないように設けた橋のこと。もしくは橋の通行が見透かされないようにした廊下橋のような橋のこと。

MCV30系ウィンダム ゴールドメッキエンブレム4点SET  純正/メッキ/カラーメッキ/セット/単品/車/車パーツ/カーパーツ/高品質/送料無料

蔀の塀

蔀の塀(しとみのへい)とは、城外から城の内部を見透かされないように設けた塀のこと。

蔀土居

蔀土居(しとみどい)とは、城外から城の内部を見透かされないように設けた土居のこと。

蔀郭

蔀郭(しとみくるわ)とは、城外から城の内部を見透かされないように構えた郭のこと。

蔀植物

蔀植物(しとみうえもの)とは、城外から城の内部を見透されないように植える樹木のこと。

蔀(しとみ)とは、城外から城の内部を見透かされないように塀、土居(どい)、植物、屋敷、櫓(やぐら)などを城内に設置するもの。守城本意に設けられる点が、城外への進出を意図して設置される、攻撃的な「翳(かざし)」と違う点である。 【翳(かざし)】

四神相応の地

四神相応の地(しじんそうおうのち)とは、軍学にいう城地としてもっと適しているとされる地形のこと。北が高く、南が低く、南北に長く、東南西に流水や海のあるところで、さらに城地の左が小川や田、右が道、南が流水、北が山林となる所がもっともよいとされた。長久繁昌之地形、というのも同じ。

時鐘櫓

時鐘櫓(じしょうやぐら)とは、時をつげたり非常時の合図をしたりするための鐘を吊った櫓。井楼式のものが多かった。鐘櫓に同じ。

自焼の法

自焼の法(じしょうのほう)とは、軍学によれば籠城する場合、籠城側に不利と思われるような城外のものは焼却してしまうことをいう。

支城

支城(しじょう)とは、いくつかの城が防衛上たがいに関連をもって配置されている場合、中心の本城に対して、これを補強する城をいう。坂城、端城とも。また支城をささえの城と解して砦、取手ともいう。

子城

子城(しじょう)とは、外郭を大城といったのに対して、中心の小さい郭(くるわ)のことをいう。また別の呼称では、本城の親城に対して、支城を子城ともいう。

地獄狭間

地獄狭間(じごくさま)とは、江戸城の塀と石垣の上下の境目にある四角な穴のこと。雨水抜きか、修理の足場を組むために便宜をはかったものをいう。一般用語ではない。

【プロミュー】送料無料【project mu】マツダ ファミリア RACING777 ブレーキパッド 前後セット BHA7P/7R/8P/8R ファミリア (94/3~)

敷栗石

敷栗石(しきくりいし)とは、土塁の上の平地、武者走り、または馬踏などに敷いた小石のこと。水はけを良くし、雨天のさいの兵の行動に都合よくした。またこの石は戦時の投石用としても役立った。

磯城

磯城(しき)とは、石で作られた城のこと。磯辺、海岸に造られた城も意味した。

柴纒

柴纒(しがらみ)とは、水流の中に打った杭や柵の類のこと。柴がまといつくというところからきている。のち川岸に杭などを打ち防塞としたものを呼んだ。乱杭とも。

仕掛堀

仕掛堀(しかけぼり)とは、堀の中に刃物、鳴子などの色々な仕掛けをしたもの。

汐見櫓

汐見櫓(しおみやぐら)とは、海城で潮の干満を見るために設けられた櫓のこと。海城では潮の干満も守備に大いに影響があった。ちなみに、福岡城にこの名称の櫓がある。

三の丸

三の丸(さんのまる)とは、城の中心から外側へ数えて三番目の郭のこと。ただしこれは郭が円心的か、もしくは規則的に造られている場合で、軍学的呼称である。実際には三の丸が本丸から三番目に配置されていることは少ない。

三の塀

三の塀(さんのへい)とは、屋敷城を土居という場合、その三の丸をいったという。主に西日本の城で用いられたが、あまり一般的な用語ではない。

三の郭

三の郭(さんのくるわ)とは、三の丸をさす。三の曲輪と同じ。

三の木戸

三の木戸(さんのきど)とは、城の一番内側にある木戸のこと。つめの木戸ともいう。通常は木戸を一の木戸、二の木戸、三の木戸と設けた。三の城戸も同じ。 【木戸】【城戸】

三段堅固

三段堅固(さんだんのけんご)とは、城地が堅固であることをいう城堅固、城の周りに要害があって守りの固いことをいう所堅固、国境の守備の厳重なことをいう国堅固、この三つを合わせて三段堅固という。

三段の険

三段の険(さんだんのけん)とは、城に備わっている天然の形態および人工の防御設備のことをいう。天然の形態はとくに天険と地険とに分け、人険と合わせて三段の険という。天険は風土の険、地険は地形の険、人険は普請(土木工事)と作事(建築工事)あるいは配置の妙をいう。

山上城塞都市

山上城塞都市(さんじょうじょうさいとし)とは、高峻な山上に造られた城塞都市。例は南アメリカ、ペルー規模の小さい、あるいは標高の低い丘上のものがスペイン、ドイツ、オーストリアなどに見られる。

山下土居

山下土居(さんげどい)とは、山城の麓にある居館。屋敷城に造られた土居(どい)のこと。転じてその居館、屋敷城をさす場合もある。

山下

山下(さんげ)とは、山城の山麓にある武士の集落、根小屋の別称。城下町の前身だが、山下では一族郎党以外の他人の住居はまだない。内山下(うちさんげ)もほぼ同意語。 【内山下】

算木積

算木積(さんきづみ)とは、直方体の石を交互に組み合わせて積む石塁の積み方。おもに隅角の重要な部分にこの積み方を用いた。石の形が占や計算に用いる算木に似ているところからこの名が付いた。

三角狭間

三角狭間(さんかくさま)とは、狭間の形が外側から見て三角に見えるもの。鉄砲を射つのによい。 【狭間】

狭間の板

狭間の板(さまのいた)とは、中世ころの城で矢倉の上に置かれた防矢用の楯板に狭間のあるものをいう。浅敷などに立てかける場合もある。

狭間配

狭間配(さまくばり)とは、鉄砲狭間と矢狭間の配置や数の割合を決めること。鉄砲二つに矢一つ、あるいは鉄砲と弓を同数交互に用いるなど色々あった。 弓をもっぱら用いたことは塀一間に狭間一つが適当であるとされ、また敵が多数きそうなところは狭間は多い方が良いとされた。要するに経始(けいし)の実施上の一部門である。 【経始】

狭間飾土俵

狭間飾土俵(さまかざりのどひょう)とは、塀裏の狭間の左脇に置かれた土俵。塀が弾丸で射ぬかれても守備の兵士は安全であったという。しかし実際には左脇というのおかしく、できれば人間の幅だけ狭間の高さまでつむべきである。

狭間

狭間(さま)とは、弓矢を射るために城の建物や塀に設けられた小窓のことをいう。形状、場所などによってきわめて種類が多い。「はざま」とも読む。小間、矢間、矢窓とも書く。形状では丸、三角(鏑)、角、長角、五角、六角、菱形などがある。後世おもに鉄砲を射った鉄砲狭間が造られると、矢狭間、槍狭間(鎗狭間)の呼称ができた。石狭間は石落としの別称である。陰狭間は外側が平時には塗りつぶすか、

新品1本 235/35ZR20 (88Y) XL PIRELLI P ZERO 国産車 輸入車 235/35R20

、蓋がつけらたもの。とくに … 続きを読む